相模原の子宝ブログ

2013.07.01

妊活中!毎日1億個作られる精子、生涯新しく作られることのない卵子

良くある誤解「生理のある内は、いつでも妊娠できる」タイトルの通り、女性の卵子は、その女性が胎児の時に作られます。作るのは「卵祖細胞」という細胞。卵祖細胞は、妊娠初期に700万個もの卵子を作り、そこで消えてしまいます。一方、精子を作る「精祖細胞」は精巣の中にずっとあって精子を生涯にわたって作り続けますが、卵子を作る「卵祖細胞」は、一気に一生分の卵子を作り上げていなくなってしまうのです。卵子はその後新しく作られることはありません。

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ