相模原の子宝ブログ

2013.08.31

潜在性甲状腺機能低下症

あなたの不妊の原因は、甲状腺の機能が低下しているせいではありませんか?

「潜在性甲状腺機能低下症」。血液中の甲状腺ホルモン値は正常範囲内にあるにもかかわらず、脳下垂体から放出されて甲状腺ホルモンの分泌を促す「甲状腺刺激ホルモン」の値が、高い状態のことです。甲状腺ホルモンは、胎児の発育や妊娠の継続に欠かせません。甲状腺の働きが正常なら、妊娠するとすぐに、胎盤から分泌されるホルモンの影響で、甲状腺ホルモンの分泌が促進される。妊娠中は2割から5割多くなります。

近年の研究で、潜在性でも、治療をしないと流産や早産につながったり、生まれた子供の知能がやや低かったりするなどの影響がでる可能性があることがわかってきました。また、不妊にもつながります。海外の8つの研究結果を総合した分析では、不妊女性の12%が、「潜在性甲状腺機能低下症」だったそうです。まだ、専門の不妊治療クリニックでも、甲状腺の検査は浸透していないようです。ぜひ、検査をしてみてください。甲状腺ホルモンの補充治療で不妊を解消できるかもしれません。

コメント

初めまして。

妊活中で、甲状腺機能が低下気味ということでチラージンを飲んでいます。
オメガ3系オイルも摂っているのですが、甲状腺ホルモンへの効果は期待できますか?

赤ちゃんのことを考えて、チラージンはきちんと飲んでいくつもりですが、
できればそのうち薬に頼らなくても済むようになればと思いまして。。。

よろしくお願いいたします。

2013.10.09 08:20 ミルクティー

コメントフォーム

ページの先頭へ