相模原の子宝ブログ

アーカイブ

2013.10.16

妊娠しやすいカラダを作る漢方薬

 漢方の考え方は、不妊の原因も外からのストレスや体質、飲食の中身、いわゆる生活習慣を見て、その要因を探ります。
漢方の力を借りて、妊娠しやすい体質に変えていきます。

漢方的考察1 【腎の機能が弱い】

生まれつきの虚弱体質、また若い時にした無理なダイエットや激しい運動などで生理が止まったりしたことはありませんか?
体は生命活動を維持するために、その時点では特に必要のない生殖機能を停止させます。そのために、生理が止まったり不妊症になります。

漢方薬で、生命エネルギーのもとでもあり、ホルモンバランスを調えたりする「生殖機能の働きを担う、腎の働きを高める」ことが必要です。多くは、八味丸や六味丸が使用されるようですが、当店では「鹿茸」(ロクジョウ)主剤の「霊鹿参」で妊娠される方が多いようです。この漢方薬は、男性不妊にも使用しています。

 

ページの先頭へ